Passive-Design House

自然の恩恵と小さなエネルギーで
「冬暖かく、夏涼しく、自然光で明るい」を目指す住まい。

Passive-Design House

パッシブデザインハウスとは?

適切なパッシブデザインが実現された住まいのこと。
寒い、暑い、風が通らない、暗いといったストレスから解放され、
1年を通じて小さなエネルギーで心地よく暮らせる住まいとなります。
また、光熱費の負担も小さくなります。

Passive-Design House

Passive-Designにおける5つのデザイン

パッシブデザインは右記の5つのデザインを、
適切に 建物に組み込む設計技術です。
太陽光や風など自然のチカラを最大限利用して、
設備に頼らず建物のあり方から、快適な住宅をデザインいたします。

Passive-Designにおける5つのデザイン

高断熱な建物は、Passive-Design Houseの
ベースをつくること。

1 断熱

断熱性能を高めることは建物全体の保温性能を向上させ、様々なメリットを与えてくれます。 少ない熱で部屋を暖めることが出来て、室温が一定に保たれ、窓、壁、天井の表面温度も高く、省エネ性に快適性や健康性も向上します。

1 断熱

高断熱な建物は、夏期の日射遮蔽をしないと
熱ごもりのもととなります。

2 日射遮蔽

夏の暑い日差しを室内に入れないための日射遮蔽は、夏期のおけるパッシブの基本となります。高断熱をベースに建物の仕上材の工夫、庇や軒、窓廻りの日よけ、庭先の植栽を活用するなど、建物の「熱ごもり」が起きないようにしっかりと検討します。

2 日射遮蔽

残った敷地でパッシブデザイン

敷地の緑化計画や水場は、照り返しを防ぎ
夏の熱を遮る効果があります。

残った敷地でパッシブデザイン

夏だけでなく春や秋といった
季節での心地よさも左右します。

3 通風

建物の中での風の流れを予測しながら、 敷地によく吹く風向きがあるかを把握し、 窓の配置や大きさを考えることは、 快適性を向上させます。

3 通風

自然光で明るい住まいを実現するのが、昼光利用です。

4昼光利用

たくさん窓をつければ明るい住まいになりますが、そうすると冬は熱が逃げやすく、夏は日差しが入り安くなります。採光や外観デザインを考えながら、すべての部屋に自然光が入るように吹き抜けを設けて光を落としたり、欄間や室内ドア―から光を通す設計の工夫を検討します。

4昼光利用

高窓や吹き抜けで上から下に光を落とす〝技〟室内建具から光を共有する〝技〟

5 日射熱利用暖房

太陽熱で暖められた部屋の心地よさは格別です。冬はできるだけたくさんの日射(太陽熱)を取り入れて蓄熱させることで、快適性と省エネルギー性が極めて高い建物になります。

5 日射熱利用暖房

「パッシブデザインハウス」をもっと知りたい方には、
カタログもございます

  • ペレットストーブペレットストーブ

カタログご希望の方はこちらから


  • 自然回帰の暮らし
  • 薪ストーブのある暮らし
  • 冬暖かく夏涼しい暮らし
  • 若葉台の家
  • 大成町の家
  • 豊四季の家
  • 末広町の家
  • 羽沢の家
  • 鹿浜の家